カードローンを即日融資で選部ならこの公式を頭に叩き込め!

カードローンの即日融資で重要なのはT・P・O

カードローンの即日融資で念頭においておかなければいけないのが金利で選ぶのではなく

 

 

  • 当日振込可能な許容時間が長い
  • 即日カード発行するための自動契約機がある

この条件からこの公式が導き出されます。即日融資に圧倒的に有利なのは、

 

 

消費者金融のカードローン > 銀行のカードローン


今すぐ数百万の大金が必要だというニーズは殆どありませんし、数百万も無担保ですぐに貸してくれる業者もありません。そうなると数十万を借りると言う事になりますが、このあたりの利息は低金利な銀行であっても消費者金融とほぼ変わらないのが現状です。

 

逆に無利息サービスなどを考慮すると金額・返済期間によっては消費者金融の方が利息が少なくて済む場合もあるのです。

カードローン即日融資なら圧倒的にこの四社

即日振込みの時間制限自動契約機の台数など即日融資を可能にさせる要素を全て満たしているのがこの三社。知名度・安心度・各社サービス様々ですが一番気になる利息にスポットを当てて比較してから選ぶようにしましょう。

15万円を借りて5万円ずつ3ヶ月で返済した場合の利息
- 1ヶ月目の利息 2ヶ月目の利息 3ヶ月目の利息 利息合計
プロミス なし
初回30日無利息サービス
およそ1,464円 およそ732円 およそ2,196円
アコム なし
最大30日金利0サービス
およそ1,480円 およそ740円 およそ2,220円
三井住友銀行カードローン およそ1,788円 およそ1,480円 およそ740円 およそ3,575円
モビット およそ2,220円 およそ1,192円 およそ596円 およそ4,440円

返済回数が少ないと無利息サービス分の利息が大きく変わってくる事が分かります。このことから少ない返済回数はプロミス・アコムが有利なのは明白です。

>>収入のない専業主婦は以下の四社には申込めません!専業主婦専用カードローンで即日融資を狙え

最短即日融資のカードローンはここ
プロミス 【最短1時間融資】
SMBCコンシューマーファイナンス


プロミス

郵送物なし・電話連絡なし誰にもバレずに申込めるWEB完結も対応可能
編集部が即日融資に最も最適なカードローンで推奨したいのがプロミス。その理由はまず融資の手段が多いという事。即日振込も平日14:00までに契約を完了すれば可能ですし、カードの即日発行も契約を完了すれば最寄の自動契約機で可能です。もちろん手持ちの口座に振込めるので金融機関を選びません。
アルバイト・パートでも安定収入があればメガバンクの保証会社も勤める審査能力でしっかり審査してくれますし、上の表でお分かりのように初回30日無利息サービス(要メールアドレス登録とWeb明細利用の登録)があることによって利息もグッと低くなりますし、もともと最大金利も他のカードローンよりも0.2%低いのです。
※即日融資は申込の時間・曜日により当日融資不可能な場合があります。

実質年率 4.5%〜17.8%
借入限度額 最高500万円
アコム
三菱UFJフィナンシャルグループ

プロミスと双璧をなして即日融資向きなのがアコムです。最大30日金利ゼロサービスによって利息の低さも並ぶようになりました。もちろん即日振込も平日14:00までに契約を完了すれば可能で手持ちの口座に振込めるますし、カードの即日発行も契約を完了すれば最寄のむじんくんで可能です。
アルバイト・パートでも安定収入があればメガバンクの保証会社も勤める審査能力でしっかり審査してくれますし、何より知名度が高いのが安心ですね。
※即日融資は審査結果による。

実質年率 3.0%〜18.0%
借入限度額 最高800万円

金利 年利 4.0%〜14.5%
限度額 最高 800万円
モビット

モビットも審査の早いカードローンでパート・アルバイトでも安定収入があれば申込めます。即日振込は平日14:50分までに契約完了後に振込手続きすることによって可能、即日カード発行も契約を完了すれば最寄のローン申込機で可能です。
モビットでは電話連絡なし・郵送物なしの『WEB完結』が人気ですが、用意する書るが多かったり健康保険証(国保は不可)がなければダメだったりと面倒なので、電話連絡なし・郵送物なしを希望する際はプロミスで同じような事ができるので内容確認の電話の際にプロミスのオペレーターに希望を伝えてみてください。
※即日融資は審査結果による。

実質年率 3.0%〜18.0%
借入限度額 最高800万円

専業主婦の即日融資は専業主婦専用カードローンで

 

収入のない専業主婦は消費者金融では申し込みを断られてしまいます。


一般の銀行のカードローンでは収入のある旦那さんが審査を受ける事になり旦那さんに申込んだ事がバレてしまいます。専業主婦専用カードローンなら電話の連絡もありませんし収入証明も必要ないので旦那さんにバレる要素がありません。その銀行の口座を持っていないと即日融資不可能などの諸条件は以下で確認してください。その前に恒例の利息チェック!

15万円を借りて5万円ずつ3ヶ月で返済した場合の利息
- 1ヶ月目の利息 2ヶ月目の利息 3ヶ月目の利息 利息合計
みずほMy Wing およそ1,726円 およそ1,151円 およそ575円 およそ3,452円
スターカードローン およそ1,788円 およそ1,480円 およそ740円 およそ3,575円
じぶん銀行カードローン
(au金利優遇の場合)
およそ2,158円
(およそ2,146円)
およそ1,439円
(およそ1,431円)
およそ720円
(およそ716円)
およそ4,317円
(およそ4,293円)

みずほ銀行・東京スター銀行の口座を持っていればそれぞれのカードローン。それ以外の口座に振り込み希望ならじぶん銀行カードローンを選ぶのがベストですね。

金利 年利 9.0%〜14.0%
限度額 10〜200万

専業主婦でも申し込み可能なじぶん銀行カードローンは金利は他と比べて少し高めとなるのですが即日融資となると手持ちの口座に振込めるので一日の長があります。専業主婦は最高30万円までの借入枠になっています。
月々の返済は3,000円からとなっており、auユーザーなら0.1%金利優遇、さらに借り換えで利用の場合は0.4%プラスの金利1.9%〜12.5%に優遇されますのでauユーザーの専業主婦は見逃せません。

金利 年利 2.4%〜17.5%
限度額 最高 800万円

金利 年利 4.3%〜14.8%
限度額 最高 30万〜500万円

即日融資を受けたいならどのカードローン業者がおすすめ?

カードローンを選ぶのは即日融資?金利?

カードローンを利用する際、どの業者を選んで借りるのかというのはとても重要なポイントといえます。業者の選び方には様々なものがあります。たとえば少しでも金利が低いところを選ぶ、あるいは多くのお金を借りることができるところを選ぶ等、カードローンを利用するためのニーズに合わせて選ぶことになります。

 

そんなニーズの中でも「即日融資」というのは多くの人が考えるニーズではないでしょうか。

多くのカードローン業者では即日融資に対応しているが実際は・・・

とはいえ、最近では多くのカードローン業者ではすぐに利用開始できる即日融資に対応していますので、そこを業者を選ぶための判断基準として考える人はそれほど多くないかもしれません。しかし、一言で即日融資といってもその中身は業者によって大きく異なります。

銀行のカードローンの即日融資例

たとえば銀行のカードローンの場合を考えてみましょう。銀行のカードローンは融資を受けた借入金というものは銀行口座に振り込まれる仕組みとなっています。

 

即日融資を受けるためには銀行の営業時間内に審査を含めた手続きが完了していなければならないので、その時間をすぎて申し込んだ場合には即日融資は受けられません。

 

例えば15時をすぎて突然お金が必要になった場合銀行のカードローンでは対応不可能(一部銀行は窓口・カード発行機などで対応可能)ということになります。

即日融資対応の大半が振込のみの銀行カードローンでは審査も保証会社経由なので遅く締め切りも午前中までに契約完了しなければならない所が多いので朝一で申込まなければ厳しい

もっとも、これは「銀行振込」というものが関係してくるカードローン業者全般にいえるこであり、消費者金融業者であっても同様のことがいえます。

大手消費者金融なら自動契約機もあり即日融資の可能性も高い

ただし、自動契約機を設置している消費者金融業者であれば申し込んだその場でカードが発行され、ATMも併設されているので銀行の営業時間が過ぎてしまっていても即日融資を受けることは可能ですが在籍確認は会社の営業している時間内に終わらせなければなりません。

大手消費者金融なら

  • 平日14:00までにオンライン契約完了で即日振込可能(もちろん審査結果による)
  • オンライン契約完了すれば全国に多数ある自動契約機で即日カード発行⇒その場で即日融資可能(もちろん審査結果による)

また、自動契約機の特徴として「自動」であるがために遅い時間まで営業を行っているという点があります。カードローンを利用するために重視すべきポイントというものは人によって異なります。

 

時間がかかっても良いので低金利が良いという人もいれば、少しでも早く融資を受けたいという人もいるでしょう。ただ、即日融資という点だけで考えれば銀行よりも消費者金融業者の方が一歩リードしているということになります。

各社のサービス

更新履歴